パワーポイント「ノート」の入力方法!プレゼンで緊張する初心者必見!

パワーポイント「ノート」の入力方法!プレゼンで緊張する初心者必見! 1.基本操作の方法

来週、PowerPoint(パワーポイント)で作った資料をモニターを使って発表する!

 

プレゼンで緊張して何をいえばいいかわからなくなったらどうしよう。

 

そんな悩みにはPowerPoint(パワーポイント)の「ノート」を使うことをおすすめします。

 

パワーポイントのノートとは

パワーポイントのノートとは

編集するスライド画面の下にある領域が「ノート」といいます。

 

赤枠のところですね。

ここに打ち込んだテキストは

これは相手には見えず、自分だけに見える画面になります。

 

つまり・・・

 

ここに伝えたいことを書いておけば

言い忘れや失敗のミスが減ります。

 

メモ帳や自分の手帳に書いていいたかたは

この「ノート」を是非利用してみて下さい。

 

初めてプレゼンするときには、不安でいっぱい!

絶対に失敗したくない時はこの「ノート」を使ってみましょう!

 

 

発表時、

プロジェクターで投影したスクリーンには通常のスライドショーを表示

発表者のあなたのパソコン画面はこのノート画面を表示させれば安心です。

 

ノートの入力方法|PowerPoint(パワーポイント)

パワーポイントのノートとは

ノートの入力は、上記の赤枠に入力すればOK!

 

ちょっと書きづらいなと思ったら「ノート」と「スライド」の境目をドラックするとノートの表示領域が広がりますのでやってみてください。

 

もし、うまくできない場合はこちら!

「ノート」と「スライド」の境目をドラックする

「表示」タブから「ノート」をクリック

「クリックしてテキストを入力」をクリックして

伝えたいことをメモして下さい。

 

 

まとめ

PowerPoint(パワーポイント)の

ノートに記述されたテキストは、

モニターに投影された画面には移りません。

 

つまりスライドショーには映りません。

 

「自分用」のメモ書き的な用途なので

 

箇条書きで書いてもいいし!

一言一句すべて書き込んで台本にして、それを読む!

 

好きなように使ってOK!

 

初心者の人は、台本みたいに作ってもいいかもしれませんね。

場慣れしてきたら箇条書きとか♪

色々試してみて下さい。

 

またノートを印刷して持っておきたい方は、別記事にて紹介しております。

パワーポイントでノート付きで印刷したり2ページ分を1枚で印刷する作り方
今回は、PowerPoint(パワーポイント)でノート付きで印刷する方法と1ページに2スライドで印刷する方法をご紹介します。 パワーポイントでノート付きで印刷する方法 やり方はとっても簡単です。 「ファイル...

 

 

あわせてご確認下さいませ

コメント