パワーポイントで資料作成するときの基本的な考え方やコツ

こちらは、PowerPoint(パワーポイント)で資料作成する時基本的な考え方についてご紹介します。

 

PowerPoint(パワーポイント)の基本ができることであなたの資料は今よりぐっと見やすくなるはずです。

 

資料作成の基本法則 人の視線の動きについて

まず、PowerPoint(パワーポイント)で資料を作る際は人の視線の動きを気にして作ってください。

 

具体的には、人は最初に左上から見始めて右上に移動します。

次に右上から左下に移動。そして左下から右下へ移動する動きをします。

これをZ型の法則といいます。

 

この法則はブログやサイトにも同様のことが言えます。

 

あなたはブログやサイトを見るときはどの位置から見ますか?

 

多くの方は、左上から見ているはずです。

 

なので、多くのブログやサイトの左上にはそのブログのロゴを設置しています。

自分のサイトに辿り着いたことを伝えているんです。

 

無料で使えるpowerpoint mobileとは?ダウンロード方法紹介
ここでは、無料でPowerPoint(パワーポイント)が使いたい! と思っている人向けに無料で使えるpowerpoint mobile(パワーポイント モバイル)についてご紹介します。 powerpoint mobile(パ...

文字の書式について

 

続いては、文字の書式についてご紹介します。

文字の書式は基本的に1種類にしてください。

いろんな文字の書式を使うとバランスが悪く見栄えが良くないです。

 

私がおすすめしている文字の書式は「メイリオ」です。

「メイリオ」の良いところは、なんといってもサイトやブログでもっともよく使われる文字の書式のためです。

 

つまりユーザーが最も見慣れている文字の書式ということになります。

メイリオの文字には全体的に丸みがあるため柔らかい印象を与えやすくなります。

 

もし、ある程度厳格さを出したいのであれば、明朝体もしkは、MS Pゴシックなどを利用してみましょう。

 

文字の色について

文字の基本色は、黒です!

ただしグレーに近い黒がおすすめです。

 

真っ黒だと色が濃すぎて強い印象を与えやすくなります。

グレーに近い黒 カラーコードで言うと#333333とかあたりがおすすめです。

 

文字のフォントサイズに関しては、見てくれる年齢層によって異なります。

基本は14ptで作りましょう!

 

パワーポイントの吹き出し図形の作り方と調整方法
パワーポイントで こんな吹き出しを作る方法をご紹介 PowerPoint(パワーポイント)の資料で 良く使われる図形「吹き出し」! PowerPoint(パワーポイント)の「吹き出し」は、キャラクターを喋らせたりグラフの中でアピール...

 

図形について

PowerPoint(パワーポイント)

図形については、四角形と楕円形があります。

 

使い方は次のとおりです。

四角形は、具体的なモノ、実態のあるモノ

楕円形は、抽象的なモノ、概念的なモノ

 

になります。

また真四角と窓丸の四角形では印象も違ってきます。

 

真四角は、直角になっているため、厳格で真面目な印象になります。

お役所系の仕事をしている方に向いている資料です。

 

対する角丸は、角に丸みがあるため柔らかい印象を与えてくれます。

エンタメ系やファッション系といった若者向けの資料を作るときは角丸がおすすめです

 

また図形には、基本的に影などはつけずにシンプルに作るのが通常です。

 

というのも2017年ころから現在までデザインがシンプルなものが好まれる傾向になっています。

これをフラットデザインと言います。

 

フラットデザインを意識して作ると今風の資料に早変わりするのでぜひやってみて下さい。

パワーポイント操作を「戻る」「元に戻す」回数を増やす方法が超便利!
Powerpoint(パワーポイント)の操作をしていてよくある操作が「元に戻す(戻る)」作業です。作ってみたけど何か違うなと思ったら「元に戻す(戻る)」を押すと一つ前の作業に戻れます。この一つ前に戻る「元に戻す」ボタン対応。...

まとめ

PowerPoint(パワーポイント)の資料を作る時の基本的な法則ルールでした。

 

どれも今すぐできるルールですのでやってみて下さい。

 

コメント