パワーポイントに動画を挿入する方法

パワーポイントに動画を挿入する方法 4.デザイン視聴覚効果(図・画像)

PowerPoint(パワーポイント)に動画を挿入する方法をご紹介します。

 

PowerPoint(パワーポイント)は、

画像やグラフだけでなく動画を入れるも可能です。

 

PowerPoint(パワーポイント)に動画をいれることで、

よりわかりやすいプレゼンテーションが可能となります。

 

動画を挿入する方法

PowerPoint(パワーポイント)

「挿入」タブ「ビデオ」をクリックします。

「挿入」タブの「ビデオ」をクリックします。

すると

  • ファイルからビデオ
  • Webサイトからビデオ
  • クリップアートのビデオ

 

の3種類選ぶことができます。

 

ファイルからビデオ

ファイルからビデオの場合、

PowerPoint(パワーポイント)ファイルに

動画データが保存されます。

 

PowerPoint(パワーポイント)のファイルサイズが

大きくなるデメリットがあります。

メリットは、元の動画ファイルを変更したり

削除したりしても埋め込んでいるので影響を受けないところです。

 

Webサイトからビデオ

WEBに載っている動画リンクをつけることで埋め込む方法です。

埋め込む記述は、「URL」ではなく「埋め込みコード」になります。

youtubeでいうと「<iframe width~」から始まる記述を入力して

下さい。

ちなみに、 SharePoint Server 2010 または2013のユーザーはyoutubeに対応できなくなっております。

 

また、PowerPoint(パワーポイント)の最新バージョン(2018年12月29日時点)では次のブラウザーのいずれかを使います。

  • Internet Explorer 9 ( MS12-037を参照)
  • Internet Explorer 10 以降 (推奨)
  • Mozilla Firefox 12 以降
  • Apple Safari 5 以降
  • Google Chrome 18 以降
  • Microsoft Edge

 

クリップアートのビデオ

こちらは無料でPowerPoint(パワーポイント)側で提供してくれていたサービスになります。

2014年12月で、マイクロソフトがクリップアートの提供を終了したため使えません。

挿入することができる動画のファイル形式

PowerPoint(パワーポイント)に

挿入できる動画のファイル形式は以下になります。

 

  1. wmv
  2. asf
  3. avi
  4. m4v
  5. mov
  6. mpg
  7. mpeg
  8. swf
  9. mp4

mp4は、PowerPoint 2013 以降の対応

 

まとめ

基本的に

ファイルを直接埋め込んでやる「ファイルからビデオ」

youtubeなどのネット上から読み込ませるなら「Webサイトからビデオ」

からそれぞれ入力すれば動画は埋め込まれます。

 

参考になりましたら幸いです。

コメント