パワーポイントのファイルを軽くする軽減圧縮のコツ

PowerPoint(パワーポイント)のファイル資料で画像を沢山使用してしまい、

ファイルが重たくなってしまった。

 

そんな重たくなったファイルを無理やりメールで贈ろうとしたら・・・

エラーで帰ってきてしまった。

そんな経験ありませんか?

 

今回は、作成が終わったPowerPoint(パワーポイント)のファイルサイズを軽減するコツをご紹介します。

 

そのコツとはPowerPoint(パワーポイント)の画像を圧縮させる方法です。

 

パワーポイントのファイルサイズを軽減させる画像圧縮方法

 

やり方はとっても簡単で2~3分で作業が完了します!

 

最初に「ファイル」タブをクリック。

次に、「名前をつけて保存」をクリックします。

 

パワーポイントのファイルを軽くする軽減圧縮のコツ

右下の「保存」ボタンの隣りにある「ツール」をクリックして下さい。

すると次のような表示が出てきます。

 

  • ネットワークドライブの割り当て
  • 保存オプション
  • 全般オプション
  • 画像の圧縮

 

今回は、「画像の圧縮」を利用します。

 

「画像の圧縮」画面には2つの項目があります。

「圧縮オプション」「解像度の選択」です。

 

「圧縮オプション」

  • この画像だけに適用する
  • 図のトリミング部分を削除する

 

こちらは、「図のトリミング部分を削除する」を選択してください。

 

次に「解像度の選択」ですが次のとおりです。

  • 印刷用(220 ppi):ほとんどのプリンターと画像で優れた品質が得られます。
  • 画面用(150 ppi):Webページやプロジェクターに適しています。
  • 電子メール用(96 ppi):ドキュメントサイズを最小限に抑え、共有に適しています。
  • ドキュメントの解像度を適用

 

ドキュメントの解像度を除き

一番画像度が高いのは「印刷用(220 ppi)」です。

逆に一番画像度が低いのは「電子メール用(96 ppi)」です。

 

画像を圧縮させたい時は、ドキュメントの解像度を調整することでファイル祭が軽減縮小させることができます。

 

PowerPoint(パワーポイント)の資料ファイルの容量過多でお困りの方はぜひ一度お試し下さい。

 

 

コメント