渡したパワーポイントファイルが開けない時の対処方法

渡したパワーポイントファイルが開けない時の対処方法 1.基本操作の方法

取引先であるお客様のためにあなたが作った渾身のパワーポイントのファイル!

 

お客様に渡したけどお客様から

 

「PowerPoint(パワーポイント)が開けないよ!」

 

といわれてしまったあなた!

 

解決方法を2つご紹介します。

 

お客様のPowerPoint(パワーポイント)のバージョンを聞く

まず、お客様が持っているPowerPoint(パワーポイント)を持っているか確認してみてください。

 

もし持っていたらPowerPoint(パワーポイント)のバージョンを確認してみましょう。

 

もしかするとPowerPoint(パワーポイント)のversionが2003年とかかもしれません。

 

そういった場合は、あなたのPowerPoint(パワーポイント)のファイルを低いバージョンでも読込できるよう名前をつけて保存しましょう。

 

PowerPoint(パワーポイント)97-2003でも開ける保存方法

 

PowerPoint(パワーポイント)の「ファイルタブ」から名前をつけて保存をクリック。

 

PowerPoint(パワーポイント)97-2003でも開ける保存方法

「名前をつけて保存」のなかにある

「ファイルの種類」から「PowerPoint97-2003プレゼンテーション(*ppt)」を選択。

 

これでPowerPoint(パワーポイント)の古いバージョンの人には対応できます。

 

 

PowerPoint(パワーポイント)を持ってない人にデータを渡す方法

お客様がPowerPoint(パワーポイント)を持っていない場合はPDFファイルに変換して渡しましょう!

 

PDFファイルにする場合も名前をつけて保存を使います。

 

PowerPoint(パワーポイント)を持ってない人にデータを渡す方法

「ファイルの種類」から「PDF(*pdf)」をクリックして保存してください。

 

 

これでPDFファイルの作成は完成です。

お客様に展開しましょう!

 

まとめ

PowerPoint(パワーポイント)を渡したけど相手先で開けなかったり持っていなかった時は、PDFファイル化するのが一番てっとり早いです。

 

名前をつけて保存でファイル形式を帰るだけなのでぜひやってみてください。

 

 

コメント