図(写真素材)を透過(半透明化)させる方法

1.基本操作の方法

PowerPoint(パワーポイント)で資料等を作成する際に、

ここが透過(半透明化)だったらカッコいいのに…!と

思う時がありませんか?

 

今回はPowerPoint(パワーポイント)での図形や挿入したものを

透過(半透明化)させる方法を解説していきます。

 

透過(半透明化)を使ってアナタのライバルと差をつけましょう!

 

図形を透過(半透明化)させてる

今回は正円の図形を透過させていきたいと思います。

円の図形を描いていきます。

 

リボンのホーム右側にある図形をクリックし、

円を選びます。

 

正円にするには図形を作成するときにドラッグしながら、

shiftを押し続けましょう。

 

円をコピぺして増やす

今回はmacを使用しているので、

コピーのショートカットはcommand+cになります。

 

ペーストはcommand+vになります。

 

図形を透過(半透明化)させる

円の1つをクリックし、リボンの図形の書式設定を

クリックしましょう。

 

図形の塗りつぶしの横に赤枠内の

小さい▼をクリックして

色を選択しましょう。

もう一度、図形の塗りつぶしの

横に小さい▼をクリックし、

その他の塗りつぶしの色…を

クリックするとダイアログが出てきます。

 

 

不透明度と書いてあるメーターがあります。

そこを50%で設定してみましょう。

この設定で透過されます。

これを全ての図形に反映させましょう。

 

こちらで完成です。

透過させることで綺麗に見えますね!

 

挿入した素材を透過(半透明化)させる

リボンの挿入から写真をクリックし、

図をファイルから挿入…を選択してください。

 

ダイアログが出てくるので、

そこから挿入したい素材を選びます。

 

選択した素材が出てくるので、

右クリックします。

図の書式設定を選択します。

 

右にメニューが出てきます。

一番右のメニューを選択すると、

一番下に図の透明度という項目があります。

こちらで透明度を調整できます。

これで素材の透過が完成です。

 

 

余談ですが、左から2番目のメニューに

サイズというメーターがあります。

こちらを使うと水面に写っているようになります!

面白いですね!(使い所はわかりません…)

まとめ

PowerPoint(パワーポイント)の

透過(半透明化)は如何だったでしょうか。

 

使わなそうで、使いたいことが

それなりにありますよね!

難しい内容ではないので、

試してみてもらえると嬉しいです!

 

個人的には挿入した素材を透過させて、

表紙をいい感じに見せたりすると

カッコいいかなと思います。

 

いい使い方があれば是非教えて

いただけると嬉しいです!

 

 

 

 

コメント